育児用品の選び方・通販ガイド

学童用ジュニアシート

主に、4歳から10歳くらいまで使用します。普通のシートベルトを利用しますが、座高が足りないことによるシートベルトの補助器具のような扱いとなります。後部座席のシートベルト義務化によりシートベルトが首に引っかかったりしないようにするために必要です。

育児用品の選び方・通販ガイド

学童用ジュニアシートの特徴と選び方のポイント

学童用ジュニアシートは、おしりに敷く事で座高を高めて、大人用のシートベルトを上手に使えるようにするための補助具です。
普通のシートベルトは大人用に作られているので子供にはどうしても高い位置にあります。そこで学童用ジュニアシートを着用する事で座高を高めてシートベルトが首に引っかかったりしないようにします。

平成2008年6月の改正道路交通法の施行に伴い、運転席、助手席はもちろん、後部座席のシートベルト着用が義務化されました。

 

学童用ジュニアシートに関するクチコミ情報・通販情報

学童用ジュニアシートの使い方や選び方などに関する一般の方からのクチコミおよびQ&A情報です。

学童用ジュニアシートに関するクチコミ・Q&A情報
・学童用ジュニアシートを○○で探す

 

ふるさと納税でベビー用品をゲットしよう

話題のふるさと納税でベビー用品をゲットできるチャンスです。
南相馬市のふるさと納税サイト(noma-style)では、エルゴベビーやAirBaggyがお礼の品として登録されています。

寄付や支援をしながら、人気のベビーカーや抱っこ紐がもらえるチャンスです。ぜひ上手に活用してください。
>>ふるさと納税でベビー用品をゲットしよう

>>南相馬市のふるさと納税公式ホームページ