育児用品の選び方・通販ガイド

チャイルドシートのレンタル

チャイルドシートについてはあまり頻繁に使わない家庭の場合にはレンタルを利用するという手もあります。チャイルドシートについては自治体や地元の警察の交通安全化などが無料(または低額)でレンタルをしている場合もありますので、こうしたサービスの有無をチェックしましょう。

育児用品の選び方・通販ガイド

チャイルドシートのレンタルサービスについて

チャイルドシートをレンタルする場合には、大きくレンタル会社・リース会社の民間サービスを利用する方法と、地元の自治体や警察署などが行っている無料(低額)レンタルを利用するという方法があります。

民間レンタルのメリット・デメリット

民間のレンタルサービスのメリットはなんといっても種類が豊富なことです。最新式のチャイルドシートが購入するよりもよっぽど安く手に入ります。衛生面で気になる方には新品レンタルなどのサービスを行っている会社もありますので、そうしたサービスも活用すると良いでしょう。

チャイルドシートのレンタル(ダスキン)
1ヵ月2,000円~4,000円くらいの低価格でチャイルドシートのレンタルが利用できます。

自治体・警察が提供する無料(低額)レンタル

チャイルドシートは多くの自治体や警察署などが無料(低額)レンタルをしている場合があります。必ず無料レンタルがあると言うわけではありませんが、お住まいの自治体のホームページなどで調べてみましょう。また、警察署などでも同じようなサービスを行っていることがあります。メリットはなんといっても安い(無料)なことです。
一方で期限が定められていたり、規定数に達している場合は利用できないなどの多少の制約はあります。

また、チャイルドシートのレンタルについては「チャイルドシートのレンタルに関するクチコミ情報・Q&A」で実際にレンタルサービスを利用された方や無料レンタルをされた方の感想やクチコミ、質問などを見ることができます。

 

ふるさと納税でベビー用品をゲットしよう

話題のふるさと納税でベビー用品をゲットできるチャンスです。
南相馬市のふるさと納税サイト(noma-style)では、エルゴベビーやAirBaggyがお礼の品として登録されています。

寄付や支援をしながら、人気のベビーカーや抱っこ紐がもらえるチャンスです。ぜひ上手に活用してください。
>>ふるさと納税でベビー用品をゲットしよう

>>南相馬市のふるさと納税公式ホームページ