育児用品の選び方・通販ガイド

母乳の出が悪いという方におすすめの生活習慣

母乳の出(量)についてはやはり個人差はありますが、生活習慣によってあるいていど改善することができます。私は出ないからとあきらめずに、生活習慣を改善することで母乳の量や出が改善することもあります。

全部が全部やる必要はありません。自分ができる範囲で可能なことを試していただきたいと思います。

育児用品の選び方・通販ガイド

まずは、母乳を飲ませる習慣をつけること

特に、母乳不足のママに多い考えの一つとして、おっぱいがあまり出ないから、それを赤ちゃんに吸わせるのはかわいそうだから粉ミルクにする。というものです。正しいようにも見えますが、母乳不足を改善するという観点から考えると大きな間違いです。

母乳は赤ちゃんがおっぱいを吸う刺激により、その分泌が促進されるという面があります。ですから、母乳の出を心配している方こそ、積極的ん授乳をさせるべきです。出ていなくても、授乳は赤ちゃんと母親のスキンシップになります。

 

ママの食生活を改善する

まずは、しっかりと3食、バランスよく食べることが大切です。また、水分の補給も忘れてはいけません。冷えはよくありませんので、冷たい飲み物ではなく、白湯や温かいお茶などを飲むようにすると良いでしょう。お茶に関しては「母乳の出を良くしてくれるお茶・ハーブティー」などもお勧めですよ。

コーヒーのようにカフェイン(刺激物)が含まれている飲み物は母乳を通じて赤ちゃんにも吸収されてしまいますのでできれば控えましょう。アルコールもダメですよ。

 

ストレス解消の機会を設ける

育児はママにとってストレスが貯まります。
赤ちゃんの夜泣きなどで睡眠時間が削られてイライラしてしまうということもあるでしょう。こうしたストレスが母乳不足の一因となることもあります。ストレスと無縁の育児というものはありませんが、ちょっとしたティータイムを設ける、ママだけの時間をちょっとだけでもいいから家族に協力してもらって作るというようなストレス解消の機会を設けることも大切です。

 

ふるさと納税でベビー用品をゲットしよう

話題のふるさと納税でベビー用品をゲットできるチャンスです。
南相馬市のふるさと納税サイト(noma-style)では、エルゴベビーやAirBaggyがお礼の品として登録されています。

寄付や支援をしながら、人気のベビーカーや抱っこ紐がもらえるチャンスです。ぜひ上手に活用してください。
>>ふるさと納税でベビー用品をゲットしよう

>>南相馬市のふるさと納税公式ホームページ