育児用品の選び方・通販ガイド

ベビーバスとは

ベビーバスは、新生児の赤ちゃんを入れるお風呂です。へその緒が乾くまでの間は大人と一緒のお湯につかることができないので、ベビーバスを使います。大きくはプラスティック製のミニサイズのお風呂タイプのものと、シンク(流し台)において使うタイプがあります。
いつまで使うのか?という質問も多いですが一般には生後1ヵ月ごろまででその後はパパやママと一緒のお風呂(湯船)につかる方が多いようです。そのため、レンタルを活用される方も多いようです。

育児用品の選び方・通販ガイド

ベビーバスの必要性
基本的にあると便利といったものです。赤ちゃんと一緒の湯船に入れないので、洗面所などでお湯が貯められるようになっている場合はいらないかもしれませんが、シンクにはめ込むタイプもあるので、そっちが便利でしょう。

ベビーバスはいつまで使う?
基本的にはお臍が乾いたら、パパやママと一緒にお風呂にはいっても大丈夫なのでそのくらいまでの時期でしょう。1ヵ月~2ヶ月くらいでしょうか。

ベビーバスの選び方
プラスティックタイプが一番メジャーで安価ですが場所をとります。お風呂自体が狭い場合は使えないこともあるので注意しましょう。その他空気で膨らませるタイプ。流し台や洗面所のシンクにはめ込んで使えるタイプもあります。

 

ベビーバスに関するクチコミ情報・通販情報

ベビーバスの使い方や選び方などに関する一般の方からのクチコミおよびQ&A情報です。

ベビーバスに関するクチコミ・Q&A情報
ベビーバス・体重計のレンタル情報(ダスキン)

 

ふるさと納税でベビー用品をゲットしよう

話題のふるさと納税でベビー用品をゲットできるチャンスです。
南相馬市のふるさと納税サイト(noma-style)では、エルゴベビーやAirBaggyがお礼の品として登録されています。

寄付や支援をしながら、人気のベビーカーや抱っこ紐がもらえるチャンスです。ぜひ上手に活用してください。
>>ふるさと納税でベビー用品をゲットしよう

>>南相馬市のふるさと納税公式ホームページ